仙台で看護師が医師に転職するメリットとデメリット

仙台で看護師が医師に転職すると、家族がびっくりする、同僚がよくやったと褒めてくれるなどのメリットがあります。

家族に医師の資格を取得したので、仙台の病院の医師に転職をすると伝えると、びっくりする可能性が高いです。

おそらくですが、医学部のある大学に入学をして学んだ可能性が高いため、家族はその努力を称賛してくれると想定されます。

家族が褒めてくれると自然と気分が良くなるので、大学での体験談をいくつか披露する可能性が高いです。

医学部のある大学での生活の話は、滅多に情報として出ない部分なため、家族は熱心に話を聞くはずです。また、以前の同僚達に自身のことを報告すると褒めてくれます。

ただ、以前一緒に働いていた看護師の中には、嫉妬に近い感情を抱く人も出てくるので注意です。時間が経てば理解を示してくれるようになるので、それまで待ちましょう。

デメリットは、看護師として働いたことがある仙台の病院に転職すると、看護師として扱われる場合があることです。医師ではなく看護師として扱われると、対応に困ってしまっても不思議ではないです。

その時は自身の胸につけた名札を見せれば、軽く謝罪をしてから対応を改めてくれます。ただ、年配の人の医師の場合は、対応を中々改めてくれないことがあります。

冗談で言っている面もあるので、気にしないほうがいいです。気になる場合は、その病院の院長にお願いすれば、対応を改めてくれる結果に結びつきます。

type転職エージェントはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です