本屋の店員が仙台の図書館に転職する長所と短所とは

本屋の店員が仙台の図書館に転職すると、家族が褒めてくれる、地域の人々が噂するなどが長所です。

おそらくですが、司書の資格を取るために仙台内で猛勉強をしていたと想定されます。そのため、見事に資格取得し図書館に転職すると、家族がその苦労を労ってくれるはずです。

自身の趣味を仕事にした結果になるので、友人に羨ましいと言われる可能性が高いです。話のネタに便利なので、友人に転職先の図書館の新刊情報を教えてあげましょう。

友人が漫画好きだった際は、図書館に漫画を置いていることがあると教えると、大変驚くのでその反応が面白いかもしれません。

あと、仙台内で住んでいる地域の人に話が伝わると、特殊な資格を取得したことを立派だと言ってくれます。小説が好きな人だった場合は、どの本が人気かと聞いてくることがあります。

共通の趣味でもあることから、様々な新着情報を教えてあげるといいです。そのことがきっかけとなり、今後もより良い関係を続けることができる可能性が高いです。

短所には司書は目が疲れやすい、図書館内で子供が迷子になることがあるなどが挙げられます。司書はパソコンを見る機会が多いため目が疲労を感じやすいです。

瞬きをする回数を増やしたり、施設内の観葉植物を見ていると目の疲れを癒せます。あと、図書館内では子供が迷子になることが多いので注意です。

アナウンスを使える機能がある時は、それで母親に呼びかければ解決する糸口になります。

type転職エージェントはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です